学費を稼ぎながら「即戦力」としての経験を積み復学を支援!ウェルビーイングの創造を目指すzen placeが、DX推進を経験できる高給長期インターンシップを募集

ZEN PLACEは、新型コロナウイルスの影響で大学を休学をしている学生に向け、学費を稼ぎながら経験を積み、 1年後の復学を応援するための長期インターンシップ生の募集を開始いたします。本企画では、 ”Society 5.0” 時代のヘルスケア界の変革に向け、データやデジタル技術を活用しながら事業変革を行うDX推進部門で、経験を積みながら即戦力として活躍いただく学生インターンを募集します。

企画の背景

ウイルスと共存していく「新しい生活様式」が定着し、社会は日常を取り戻しつつありますが、対面授業や課外活動が制限されたままの大学生の苦悩は続いているようです。その証拠に、 SNS上では「#大学生の日常も大事だ」というハッシュタグが使われ、「小中高が良くて、ディズニーが良くて、夜のお店が良くて、大学はダメなんですか?」「何故大学生だけは1年間オンラインなのか、友人に会うことも叶わず毎日pcを見続ける日々、気が滅入っています」というような大学生の不満とともに、日々拡散され続けています。

立命館大学の学生団体「立命館大学新聞社」は8月19日、四人に一人の大学生が休学を検討しているとの調査結果を発表しました。「退学を本格的に考えている」立命館大の学生が2.3%、「どうするか考えている」が7.5%、「休学を視野に考えている」と答えた学生は計25.6%に上り、授業の質や学費への不満、経済面や就職活動での不安が背景にあると考えられます。今、多くの大学生が将来への不安を抱えているのです。 参考:立命館大学新聞 https://ritsumeikanunivpress.com/08/19/4888/

休学中の大学生をzen place長期インターンシップで応援!

「心身の健康を通して豊かな社会を実現する」という企業理念を持つ私たちは、社会のこれからを担う日本の大学生に対し、ヘルスケア業界のリーディングカンパニーとして何かできることはないかと考え、本企画に至りました。オンライン授業に対する不満足感から休学を決意した学生や、経済面での不安から休学を余儀なくされた学生に対し、インターンシップで復学後の学費を稼ぎながら社会人としての経験を積み、 1年後の復学をすることを応援します。本企画に採用されたインターン生には、大学卒業後の就職時に即戦力となれるよう、実務を通して社会人としての経験を積んでいただきます。また、「復学」の支援のため、給与は下記の通り、一般的なインターンシップよりも高く設定しております。

■給与イメージ:
週5日勤務:25万円~50万円(2ヶ月毎も査定で報酬を決定)

最新のテクノロジーで
ヘルスケア界を変える!
ZEN PLACEで挑戦しませんか?

今回募集するのは、ヘルスケアメディアの立ち上げや、 Chatbotに関する業務など、 IoT化推進のリード役となる人材。サポート業務にとどまらず、実務経験を積みながら成果を求め、挑戦し続けられる行動力やビジネスマインドのある学生を歓迎します!

「心身の健康を通して豊かな社会を実現する」という企業理念に共感いただける、学生の皆様の申し込みを心よりお待ちしております。

募集要項はこちら

CSR TOPページへ